タイの若者の性と恋愛事情

sakana
タイに同性愛者が多いのは有名ですね。ちなみに男性の60%が同性愛者だと聞きました。
男性の残り40%のうち10%は僧侶なので、女性を好きな男性は30%ということになります。
割合的には女性が一人の男性を取り合うようになります。だから浮気性な男性が多いです。彼女が何人いても当たりまえのように思われています。
残りの女性は男性がいないので、レズビアンになってしまいます。
タイ人の友人がそう言っていたので、真実なのかどうかは不明です。

タイには18種類の性別が存在するといわれています。
ノーマルな男性とノーマルな女性、ゲイ、レズビアン、レディボーイ、トムボーイ、バイセクシャルなどなどです。
私にもゲイの友達がいます。私からすると、あまり変わらないように見えますが、彼はオカマなどと一緒にされるのは嫌みたいです。「僕は心も見た目も男だけど男が好き、見た目が男で心が女だから男が好きな人とは違う」ということらしいです。恋愛事情は、なんだか難しいです。

タイではトイレは「見た目で判断できる性別」のほうに入るそうです。
ボーイッシュな女性の友人は、見た目が男っぽいという理由で女性トイレに入ったら注意されたそうです。
私も間違えて男性トイレに入ってしまったことがありますが、その時は掃除のおばさんが居たのにもかかわらず、私を見ても何も言いませんでした。私は髪の毛も長く普通に女に見えるはずなのです。男性に見間違えられ、注意されなかったとしたら傷つきます。

温泉はどうだと思いますか。
バンコクには温浴施設があります。日本でいうスーパー銭湯のようなものです。
私は好きで結構行くのですが、一度レディーボーイが入って来たことがあるんです。
声が男でしたし、骨格も明らかに男性そのものです。
従業員さんに使い方を説明してもらっているところでしたが、脱衣所にいた女性はみんなびっくりしてました。
ひととおり説明してもらったレディーボーイは、脱衣所から出てお連れの彼氏(?)と食事に行ってしまったようです。

その時の女湯の脱衣所は従業員も含めて、ざわざわとした状態でした。
私はもう着替えて帰るところだったので、その後、食事が終わってから、その人が入浴したのか、どこまで女になっているのかは見ていません。

声や骨格が男だと、見た目も女で心も女なのでしょうけど、なんとも複雑な気持ちになすよね。

どうしてタイに同性愛者が多いのか、それは解明されていません。
ひとつの考えとして、性や恋愛に対してオープンであるということが挙げられてはいます。
見た目がまるっきり男でも、化粧をした人が銀行の窓口にいたり、ものすごくボーイッシュな女性の営業さんが会社に来たり、日本では体験できない日常があります。
だから、タイでは見た目で判断されて仕事の面接に落とされるということはなさそうです。
同性愛者にとってタイという国は、働くことも生活することも気が楽なのは確かだと思います。

タイの社内恋愛事情

juice
「品質管理のあの人いいよね。」「新しく入ってきたあの人が好きになっちゃった。」
社内ではそんな会話をよく耳にします。
「タイ人は簡単に人を好きになる。」「社内で好きな人を作るのが好きだな」と思っていました。
わざわざ社内で恋愛をしようとしているようにしか思えないくらい、そういう話が多いです。

最近、会社を立ち上げた時から働いている古株女性従業員JOYさんが、新しく入って来た新入社員が好きだといい始めました。
でも親子くらいの年の差です。だいたいJOYさんは結婚して子供もいるんです。
私はJOYさんに、常々思っていた疑問をぶつけてみました。
「なんで狭い社内で好きな人を作るの?わざわざ好きな人を見つけているように思うのだけど。そんなに簡単に人を好きになっちゃうの?」
JOYさんから返ってきた答えはこうです。
「だって、会社に好きな人がいると毎日仕事に来るのが楽しくなるでしょ。その人を見てどきどきしたり、やる気が沸くだけでいいのよ。」
なるほど、そういう理由なのですね。

だとしたら、狭い社内でわざわざ好きになる人を見つけるのも納得がいきます。
だけど、そんな軽い気持ちの割には、JOYさんは恋愛話にキャアキャア言って顔を赤くしていました。

そういう風に毎日の励みを求めて社内に憧れの人を作る人もいるでしょうが、そういう軽い気持ちの人だけではありません。

中には奥さん旦那さんがいるのに本気で社内恋愛をしてしまい、問題が起きてしまうこともあります。
このケースは、うまくいかない場合がほとんどです。結末は従業員どちらかが会社を去る形になるので、会社としてはありがたくないケースです。私がタイで働き始めてから、今までに何件かありました。

奥さんが旦那さんの会社での浮気を疑い、会社に偵察にやって来ることもあります。
本当に残業しているのか、土曜日出勤しているのかを確かめに来るのです。
そういった偵察の日に、残業も土曜日出勤もしてないということがあります。
旦那さんが働かずに家にいて、奥さんが働いている場合も同じです。
そういう場合は、旦那さんが残業や休日出勤を許してくれないというケースが多いです。
そう、全般的にタイ人は嫉妬深いのです。嫉妬が原因の殺人事件も絶えないようです。

もちろん、純粋に社内恋愛で結婚したカップルも3組ほどいます。
5年の間に3組ですから、かなりのペースではないでしょうか。
この狭い社内で純粋な恋愛や浮気や軽い憧れまで、タイの社内恋愛充満率はかなり高いですね。

タイの食事について

taiyaki

タイといったらタイ料理!
しかも屋台で食べるタイ料理は安くておいしいしいです。
いろいろなものが食べたいなと思った時には絶好の場所です。
旅行でタイに来る方は、そんなふうに食べることも楽しみにしていることだと思います。

しかし、生活をしている人にとっては、タイ料理は毎日食べられるものではありません。
好き嫌いや個人差があるかとは思いますが、やはりタイ料理は辛いです。そして、なにより油分が多いんです。

会社で日本に研修に行ったタイ人が、タイに帰って来た時にみんなそろって言っていたことがあります。
それは「日本の食事は油が少ないからパワーがでない」ということです。
確かに暑い南の国タイでは、日本よりも体力を消耗するかもしれません。
お茶も砂糖入りのものが多いため、買うときは注意して買う必要があります。
伊藤園の玄米茶が新しく発売された時、喜んで購入したものの、一口飲んで砂糖入りだと分かったときは「くっそー!」と思わず声が出でしまいました。

いくら暑くてカロリーが必要だと言っても、実際はタイ人の肥満率は毎年深刻になっているそうです。
政府からは「砂糖入りの飲料水は税金をかける」などのアイデアも出るほどです。
最近では、油の多いタイ料理のために油分を吸い取るお皿というのが開発されたそうです。

それでもたまに食べたくなるタイ料理。屋台でもフードコートでも手軽にお持ち帰りが出来るのが便利です。
タイのソムタムという青パパイヤのサラダは有名です。
青パパイヤには消化酵素が多く含まれており、ダイエット効果があると聞いたことがあります。
最近の私はそのダイエット効果を期待して、ソムタムを週三回くらい食べるようにしています。
いわばソムタムダイエットです。
バミーやクイッティアオを呼ばれる麺類もお持ち帰りできます。
麺とスープを別々の袋に入れてくれるので、麺がのびる心配もありません。

デザートのお持ち帰りというのは少ないですが、たまに見かけるのはチャオクワイの屋台。
見た目は黒いコーヒーゼリーですが、実は仙草から作られた漢方ゼリーです。
氷とこのゼリーを容器に入れ、黒砂糖のようなものをまぶして出してくれます。
歯ごたえもあっておいしい、暑いタイのひんやりデザートです。
そんな私の好きなタイのデザートはあまり屋台で見かけません。
中華街に行くと結構あるようですが、それ以外で見かけたことは一度だけです。
それは「ブアローイ・ナムキン」というデザートで、レストランには置いてあることもあります。
甘みのある温かい生姜湯に、ゴマの入った白玉を浮かべたものです。
ゴマ入り白玉もおいしいですが、生姜湯もおいしいので飲み干してしまいます。
一度かなり辛めの生姜湯にあたった時は、飲み干すことは断念したことがあります。
風邪をひいた時に食べたくなるデザートです。

ここ最近では屋台は規制されてしまい、バンコクでも屋台のある場所は少なくなってきています。
タイといったら屋台を連想する人も多いはずです。安くて便利な屋台、街から消えていくのは残念ですよね。

タイにあるレストラン

currry

タイには日本人が多いように、いろいろな国からタイに来ている人も多いです。
なのでバンコクには、世界各国のレストランが集まっています。
狭いバンコクなので必然的に激戦区になっています。そんななか、戦いに残ったレストランはやはりおいしく、バンコクではそういうおいしい世界の料理が楽しめます。

バンコクのレストラン情報ならバンめし!

日本食が恋しい時でも、バンコクにいれば困ることはないでしょう。タイの日本食ブームはまだまだ終わることを知りません。
もし中心部から離れたところにいたとしても、デパートに入れば必ずと言っていいほど日本食レストランがあります。
タイ人経営の日本食レストランは絶対ありますし、吉野家やCoCo壱などの日本のチェーン店が入っているデパートもあります。バンコクで一番多い海外のレストランは日本食レストランかもしれません。

スカイトレインのナナ駅周辺は、インド料理のレストランがたくさんあります。
インドカレーを食べたくなった時はこの辺りのレストランがいいと思います。
この辺りにはケバブのお店も多く、友人はナナのケバブを全部制覇すると言って片っ端から食べています。制覇できたのかどうか、まだ報告は受けていませんので、もう少し時間がかかると思います。
細い小路に入るとインドの雰囲気たっぷりの場所があります。レストランの店内も、もはやインドにいるような雰囲気です。
ただしラマダン中の昼間に行く場合、閉まっていることや、がらんとしていることがあるのでご注意してください。

私がお勧めしたいのはイタリアン。イタリア人が経営しているところも多く、日本より低価格で楽しめるのが魅了。
レストランの数も多いので、いろいろ行ってみたくなります。
タイ人に人気のイタリアンレストランの場合、パスタの茹で方を一言注文したほうがいいかもしれません。
タイ人はラーメンでもスパゲッティでも、柔らかくなった麺が好きです。
特に注文しなくもアルデンテなお店ばかりですが、今までに一軒だけすごく柔らかいパスタを出すレストランがありました。ソースは絶妙においしかっただけに、残念です。

スペイン料理でパエリアを楽しんだり、ちょっと特別な日にはフランス料理を食べに行ったり、スイス料理でチーズフォンデュを囲んだり、数は多くないですがバンコクではいろいろな国の料理が楽しめます。
タイに来たらタイ料理を食べたいかも知れませんが、世界のおいしい料理が集まっているバンコクでは、他国のレストランもお勧めしたいところです。

ランチはソムタムともち米、夜はビザとワインなんていうのも異国情緒があって楽しいかも知れません。美味しいものばかり食べてると体重が増えることは間違いなさそうです。