タイで就職を考えている人に言いたいこと

前回の記事のアクセスが良かったので調子に乗ってタイ就職に関する記事第2弾です。
これからタイで就職を考えている人に言いたいことを簡単にまとめます。

絶対に聞かれること

タイ就職の際には切っても切れないのは面接です。
そしてタイだけでなく海外で就職する時は、絶対に聞かれる質問が2つあります。

なんでタイで働きたいのですか?

こう聞かれて直ぐに答えることが出来ますか?
私の場合は、タイに住んでいたので、タイが好きでタイに住んでおり、死ぬまでタイに住んでいたいと思ったことが一番の理由です。冠婚葬祭以外で日本に帰るつもりは毛頭ありません。それくらいタイで働きたいと思っています。
他の理由として、「なんで死ぬまでタイに住んでいたいと思ったのですか?」と聞かれた時に、「タイ人の好きな人が居て、その人と結婚するつもりで居ます。」と答えました。しかし、就職活動の時は恋人と別れたばかりで、嘘でしたがはっきりと答えたのが今でも良かったと思っています。

タイで何をしたい?(キャリアビジョンは?)

こっちの質問は咄嗟には出にくいものなので面接前にはシミュレーションをしておくと良いでしょう。
私の場合は、将来タイで開業したいことを話しました。しかし、これは一種の賭けです。
例えば同業種で開業したいとなると、競合になるわけなので同業種ではなく異業種であった方がいいと思います。
ただタイ人のマネジメントなどを勉強したいということ、具体的な年数などを伝える方が良いでしょう。
短期間なら必ず就職出来ないと思います。海外で就職する場合は、人材紹介会社を利用していることが多いので、人材紹介会社に手数料を払って雇用したのに直ぐに辞められてしまっては会社としてはよく有りませんから。
ベストな回答としては、面接をしていただいている会社の業種に沿って、その会社のビジョンにあったような回答が好まれるように思います。

タイの就職市場2018

2018年になって2ヶ月経過しました。去年の暮れから、最近の傾向として明らかにいつもと変わっていると思うことは、タイの駐在員の方の低年齢化が進んでいると思います。古くからいる人や現地社長なんかは変わらず40代・50代が多いのですが、新しくやってくる人は20代後半や30代前半が多くなっているように感じます。性別は男女関係なくなってきているように感じます。
この流れは現地採用の募集にも現れており、以前は事務職以外は男性の募集が多かった印象ですが、工業系の技術者を除けば男女関係なく募集が出ていることが多くなってきました。
進出する日系企業の数や、日系企業と付き合いがあるようなタイ企業・外資系企業が日本人の求人募集を行っている数は年々増えているように思いますが、年齢制限は40歳や45歳までが多く、40代を超えても可能な求人情報は割合だけでなく絶対数も減ってきているように感じます。
若くて良い人材を確保したいという企業の思惑からか以前まで現地採用では考えられなかったような待遇を得られる求人が増えてきているようにも思います。以前までは判を押したように現地採用は5万バーツスタートで待遇は海外傷害保険のみといったものばかりでした。しかし、”日本採用扱い”や”家賃補助”など、考えられない待遇が目立つようになってきました。ただその分”タイ語日常会話レベル以上”などというようなハードルも上がってきていることもあります。