タイ就職をして良かったこと

タイ就職で感じたことや良かったことを続けて投稿していますが、別に退職をするわけではありません。
今の時期、私の会社は暇なのです。タイは4月に旧正月があるから、私の部署はプロジェクトの締め切りを3月末に設定していました。三日ほど遅れはしたものの、これは予定通りでした。お客様には1週間以上早く納品することが出来たので、今は別チームのサポート業務に徹するのみとなっています。
ほとんどのスタッフは次のプロジェクトの準備に入っていますが、本格始動は正月明けに設定しています。私語は厳禁にしているので仕事中に話はしないですが、みんなの動きを見ていると、スカイプなどでチャットをしているように思います。
もちろん私のようにブログを書いてる人もいます。

では本題に入ります。

タイで就職して良かったことをまとめます。

タイの市場の大きさは魅力的

タイは東南アジアの中ではダントツで日系企業の数が多いです。
私が勤める会社は日系企業だけを相手にしているわけではないのですが、やはり市場規模が大きいというのは凄く魅力的だと思います。会社規模を大きくするためには優秀な人材を多く集めないといけないので少し大変ですが、売上の安定が見込めることや大きな仕事が舞い込むことも多いため、仕事のやりがい面でいうと申し分ないです。
またタイだけではなく、近隣の東南アジアからも仕事が舞い込むことも多いです。将来起業するとしても、やっぱりタイは魅力的な市場だと感じています。

タイは新しい出会いが多い

タイで就職して働いていると多くの人に出会う機会があります。営業職ではない私であっても、多くの人に出会っています。営業職であったらもっと多いんだと思います。タイで出会う人は、タイ人はもちろんの事、タイ在住日本人(駐在員や現地採用、その家族)、外国人などです。日本では知りえなかった世界や、日本にいたら考えもしないようなことまで色々なことを学べます。

日本好きな日本人が多い

海外にいるから日本を嫌いかというと大半はそうではありません。ほとんどの人が日本のことが好きです。日本に居れば、右翼だとかネトウヨだとか言われるため、ほとんどの人が日本が好きなことを公言していないように思いますが、海外では公言している人が多いように感じます。私も、その一人で日本が大好きです。

出会いが多いことはメリットがいっぱい

色々な人に出会えるというメリットから自分が理想だと思っている生き方をしている人にも会うことが出来ました。私は、その人のストーカーのようにフェイスブックやインスタグラムを見て、定期的に会っています。会うたびに、常に学びを得ています。

タイで就職したことで感じたこと

タイで就職した人は、タイに住んでいた人やタイで就職したいと考える人から「タイ人と働いていて、どうですか?」と聞かれることがあると思います。実際にタイで就職している人はどう思われていますか?

私は、一人や二人だと静かですが、三人集まれば賑やかになるというイメージです。三人寄れば文殊の知恵ではなく、三人寄れば祭りのようくらいに思っています。いざ仕事になると、仲間思いで気遣う心がみんなあるように思います。仕事で詰まっていると必ずと言っていいほど、お互いにケアをし合っているように感じます。私も何度となく助けてもらっています。
個人行動は苦手に思いますが、他の人と助け合ってグループでの行動には秀でているように思います。人が増えれば能力が足し算ではなく掛け算のように増えていくようにも思います。ただ目を離すとワイワイと遊び出すことが多いので、これは玉に瑕です。
あまり「NO」とは言わない。出来る、出来ないにかかわらず、「YES」と答えるので理解しているか理解していないかを判断するためには、表情や言葉の力を見てこちらで判断するしかありません。メールなどで指示を出す場合は、どれくらい理解しているかを文章で確認するか、進捗状況を逐一確認することが良いと思います。
タイ人は諦めが早いところがあります。特に時間に制約がある場合は、時間に間に合わせようとするのではなく、「頑張っても間に合わないから焦らず落ち着いていきましょうよ」というような言葉をかけられることがあります。ある程度時間に余裕を持って指示を出す方がいいと思います。