タイにあるレストラン

currry

タイには日本人が多いように、いろいろな国からタイに来ている人も多いです。
なのでバンコクには、世界各国のレストランが集まっています。
狭いバンコクなので必然的に激戦区になっています。そんななか、戦いに残ったレストランはやはりおいしく、バンコクではそういうおいしい世界の料理が楽しめます。

バンコクのレストラン情報ならバンめし!

日本食が恋しい時でも、バンコクにいれば困ることはないでしょう。タイの日本食ブームはまだまだ終わることを知りません。
もし中心部から離れたところにいたとしても、デパートに入れば必ずと言っていいほど日本食レストランがあります。
タイ人経営の日本食レストランは絶対ありますし、吉野家やCoCo壱などの日本のチェーン店が入っているデパートもあります。バンコクで一番多い海外のレストランは日本食レストランかもしれません。

スカイトレインのナナ駅周辺は、インド料理のレストランがたくさんあります。
インドカレーを食べたくなった時はこの辺りのレストランがいいと思います。
この辺りにはケバブのお店も多く、友人はナナのケバブを全部制覇すると言って片っ端から食べています。制覇できたのかどうか、まだ報告は受けていませんので、もう少し時間がかかると思います。
細い小路に入るとインドの雰囲気たっぷりの場所があります。レストランの店内も、もはやインドにいるような雰囲気です。
ただしラマダン中の昼間に行く場合、閉まっていることや、がらんとしていることがあるのでご注意してください。

私がお勧めしたいのはイタリアン。イタリア人が経営しているところも多く、日本より低価格で楽しめるのが魅了。
レストランの数も多いので、いろいろ行ってみたくなります。
タイ人に人気のイタリアンレストランの場合、パスタの茹で方を一言注文したほうがいいかもしれません。
タイ人はラーメンでもスパゲッティでも、柔らかくなった麺が好きです。
特に注文しなくもアルデンテなお店ばかりですが、今までに一軒だけすごく柔らかいパスタを出すレストランがありました。ソースは絶妙においしかっただけに、残念です。

スペイン料理でパエリアを楽しんだり、ちょっと特別な日にはフランス料理を食べに行ったり、スイス料理でチーズフォンデュを囲んだり、数は多くないですがバンコクではいろいろな国の料理が楽しめます。
タイに来たらタイ料理を食べたいかも知れませんが、世界のおいしい料理が集まっているバンコクでは、他国のレストランもお勧めしたいところです。

ランチはソムタムともち米、夜はビザとワインなんていうのも異国情緒があって楽しいかも知れません。美味しいものばかり食べてると体重が増えることは間違いなさそうです。