タイの雨季に起きた事件

thai06

タイには雨季という季節があります。だいたい6月から10月の5ヶ月間なので、かなり長いと言えるでしょう。
雨季も最初と最後では雨の降り方や時間帯が変わってきます。しかし、豪快に降ることは変わりません。
今年の雨季はちょっとした事件がありました。

タイの天気|日本気象協会 tenki.jp

私は4月に新しいコンドミニアムに引越しをしました。新築の低層コンドミニアムで、8階建ての最上階です。
ある日曜日、部屋でくつろいでいると雨が降り出しました。
窓の外で雨の音がするから気がついたのですが、なんだか寝室からも水の音がするんです。
なんだろうと思いのぞいてみると、天井から水が滝のように落ちてきていました。
雨漏りです。いや雨漏りなんてかわいい表現では間に合いません。
屋根の一部が機能を失っているという状態でした。
当然部屋の中は水浸し。まさかこんな事が起こるなんて、とてもびっくりしました。
屋根と天井の修繕が終わり、これで雨漏りはしないだろうと思ったある日のことです。
寝室の床が濡れています。
「天井は直したはずなのに・・・」と思っていると、なんと窓のサッシから水が浸入してきていたんです。
日本とは雨の量が違いますから、サッシのレールに溜まった水が室内に入り込んでしまうんです。
サッシの修繕もしてもらい、今は部屋に水が入ることもなくなりました。
それにしても床からなにから修繕しなくてはならなかったので大変でした。
私だけかと思って、スタッフに聞いてみたら、こういう雨漏りは、タイでは結構あるみたいです。

友人にふりかかった雨事件は、もっと衝撃的でした。
職場のとなりのコンドミニアムに引っ越すことが決まり、出勤前に荷物を少しずつ運びこんでいたある朝のことです。
前の晩からずっと、雨が止むことなく降り続いていた日でした。
友人が引っ越し先の部屋のドアを開けると、天井が下がっているというのです。
屋根から雨漏りしていたんです。壁紙ならぬ天井紙に水が溜まり、今にも落ちてきそうという状態です。
LINEで写真を送ってきたのですが、そレはまさにドリフといった写真でした。
急いで大家さんと管理人さんに部屋に来てもらうよう電話をかけました。
とりあえず待つしかない友人がドアを閉めた瞬間に張り詰めた天井紙が破れ部屋が水浸しになりました。
「ばっしゃーん」という感じだったことだと思います。

こんなことは滅多にないだろうと思っていたのですが、この雨季に私のまわりで2件ありました。
やはり寝室の屋根が落ちたのですが、その部屋は最上階ではないんです。
一体どういうことだったんでしょうか。今度詳しく聞いておきます。

被害が人災じゃなかったので今では笑い話になっていますが、思いもよらないタイの雨事件でした。