タイの病院事情

umi
日本と同様、タイにも健康保険があります。
プラカンサンコンと呼ばれるこの社会保険制度です。日本人でもタイで働いていれば加入していることでしょう。
指定病院であれば医療費が無料なのですが、この指定病院というのが日本人にとってはネックです。
指定病院となる病院はローカル系病院が多いので、いろいろな面でちょっと不安になります。
日本人や外国人の多くは、通訳のいるバンコクの私立病院に行く人が大半です。

タイの日本人が駆け込む病院リスト

バンコクには主要な言葉を話せる通訳を置いている私立病院がいくつかあります。
建物もきれいで、フリードリンクが置いてあったりピアノ演奏があったりという高級っぷりです。レストランやカフェも数件あり、まるでホテルのロビーのような雰囲気なのです。
そう、こういった私立病院は治療費も高く、タイでもハイソな人たちが利用する病院なのです。
私たちタイ国外から来ている人は、社会保険の他にもなにかしら医療保険に入っている人が多いのではないでしょうか。そういう保険に加入していれば、こういった私立病院でも当然サポートしてくれます。
私はこのような私立病院しか使ったことがないのですが、医療技術は進んでいるほうだと思います。
待ち時間も少なく、スムーズに診察や検査が出来ることが多いです。
しいて言えば、フリードリンクやピアノ演奏はいらないので、治療費をもう少し安くしてもらいたいということだけです。

病院に行ったら日本人受付がありますので、そこで受付を済ませます。日本語で応対してくれますので、何の心配もありません。
診察の際には時間に合わせて通訳が来てくれますから、安心して病院にかかれます。

私は以前、タイで入院したことがあります。
タイでも有名な高級病院だったのですが、それはもう快適な入院生活でした。
部屋は個室で、当時私の住んでいたアパートよりも広かったです。
テレピはもちろん、ソファーやテーブルもまるでコンドミニアムの一室のようでした。
毎日朝にはお掃除の人が来て、テーブルにバラを一輪飾ってくれていました。
病院内には数件のレストランやカフェ、フードコートが入っているので、お見舞いに来てくれる友人たちも食事に困りません。
私の病院食はと言えば、タイ、アジア風、洋食、和食などから選ぶことができました。食堂の定食をちょっと病院ぽくしたような、おいしい病院食でした。
お見舞いに来た友人達は決まって部屋の写真を取っていきました。それほど豪華な入院生活だったんです。
入院は二度としたくないですが、人生初めての入院は快適すぎた気がします。

万が一に備え、どこの病院が行きやすいか、具合の悪い時はどの病院にかかるか決めておくといいでしょう。
病院にかかることはないほうがいいですが、日本語でもかかれる病院があるのは安心ですよね。

タイの交通事情

zou
タイの渋滞は有名です。
「あの高速道路は夕方になると駐車場になる」と、あるタイ人が言っていました。
どこでどう詰まっているのか、全く進まないこともしばしばです。彼の言い方も納得できるほどの渋滞ぶりです。
金曜日になるとよりいっそう渋滞はひどくなり、毎月月末の給料日が金曜日にかかっている日はもう殺気を覚えるほどです。
いつもは40分の道のりが、3時間かかるなんて珍しいことではありません。
金曜日は車の中で楽しめるエンターテイメントが必要です。音楽もたくさん用意しておかないと、渋滞中に飽きてしまいます。
観光スポットを回る時も、タクシーに乗る時間と曜日は気をつけたほうがいいです。
行く方向の渋滞がひどい場合には、タクシーの運転手さんに乗車拒否されるかとは思います。

バンコク市内の移動であればスカイトレインや地下鉄を利用したほうが確実です。こちらも時間帯によってはかなり混雑します。
特に地下鉄の混雑はすごいです。平日夕方の帰宅ラッシュになると、利用者の多いスクムビット駅は駅構内に入る人数を規制することもあります。
改札の階に下りようと思っても、エスカレーター手前で止められてしまうので、切符を買うことすらできません。
最初はかなりムッとしました。こんな規制おかしすぎると。ですが、ある日裏技を見つけました。
反対側の改札にまわる通路があるので、そこを通って反対側に行きます。
スカイトレインと接続している側のエスカレーターだけが規制されるので、反対側にまわれば人も少なくスムーズに駅に入れます。
規制するわりに意外と適当なんです。
しかし、プラットホームに入れても、ここも人、人、人で混雑しています。
普通に並んでいては電車が来ても2、3本見送らないと乗れません。
ですが、ここは日本人魂を見せるところ。
電車が来るとみんな乗車し始めますが、詰めて乗るなんて事はしません。
ドア付近が混んでいるだけで、電車の内側はスッカスカです。
タイ人が乗れないと判断したところで、みんな乗車をやめますが、ドア付近にもまだ乗れるスペースがあるんです。
少しでもスペースが空いているなら、私は列の後ろからダーっと走って行って乗車してしまいます。
全然乗れるんです、余裕です。もっとひどい通勤ラッシュの国、日本人の意地です。

車も電車も大混雑のタイですが、スカイトレインが出来てまだ20年も経っていません。混雑対策はきっとこれからだと思います。
さらに駅近のデパートやコンドミニアム建設ラッシュです。車も電車も、渋滞は悪化するばかりです。
バンコクの渋滞問題を解決するには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

タイの若者の性と恋愛事情

sakana
タイに同性愛者が多いのは有名ですね。ちなみに男性の60%が同性愛者だと聞きました。
男性の残り40%のうち10%は僧侶なので、女性を好きな男性は30%ということになります。
割合的には女性が一人の男性を取り合うようになります。だから浮気性な男性が多いです。彼女が何人いても当たりまえのように思われています。
残りの女性は男性がいないので、レズビアンになってしまいます。
タイ人の友人がそう言っていたので、真実なのかどうかは不明です。

タイには18種類の性別が存在するといわれています。
ノーマルな男性とノーマルな女性、ゲイ、レズビアン、レディボーイ、トムボーイ、バイセクシャルなどなどです。
私にもゲイの友達がいます。私からすると、あまり変わらないように見えますが、彼はオカマなどと一緒にされるのは嫌みたいです。「僕は心も見た目も男だけど男が好き、見た目が男で心が女だから男が好きな人とは違う」ということらしいです。恋愛事情は、なんだか難しいです。

タイではトイレは「見た目で判断できる性別」のほうに入るそうです。
ボーイッシュな女性の友人は、見た目が男っぽいという理由で女性トイレに入ったら注意されたそうです。
私も間違えて男性トイレに入ってしまったことがありますが、その時は掃除のおばさんが居たのにもかかわらず、私を見ても何も言いませんでした。私は髪の毛も長く普通に女に見えるはずなのです。男性に見間違えられ、注意されなかったとしたら傷つきます。

温泉はどうだと思いますか。
バンコクには温浴施設があります。日本でいうスーパー銭湯のようなものです。
私は好きで結構行くのですが、一度レディーボーイが入って来たことがあるんです。
声が男でしたし、骨格も明らかに男性そのものです。
従業員さんに使い方を説明してもらっているところでしたが、脱衣所にいた女性はみんなびっくりしてました。
ひととおり説明してもらったレディーボーイは、脱衣所から出てお連れの彼氏(?)と食事に行ってしまったようです。

その時の女湯の脱衣所は従業員も含めて、ざわざわとした状態でした。
私はもう着替えて帰るところだったので、その後、食事が終わってから、その人が入浴したのか、どこまで女になっているのかは見ていません。

声や骨格が男だと、見た目も女で心も女なのでしょうけど、なんとも複雑な気持ちになすよね。

どうしてタイに同性愛者が多いのか、それは解明されていません。
ひとつの考えとして、性や恋愛に対してオープンであるということが挙げられてはいます。
見た目がまるっきり男でも、化粧をした人が銀行の窓口にいたり、ものすごくボーイッシュな女性の営業さんが会社に来たり、日本では体験できない日常があります。
だから、タイでは見た目で判断されて仕事の面接に落とされるということはなさそうです。
同性愛者にとってタイという国は、働くことも生活することも気が楽なのは確かだと思います。

タイの社内恋愛事情

juice
「品質管理のあの人いいよね。」「新しく入ってきたあの人が好きになっちゃった。」
社内ではそんな会話をよく耳にします。
「タイ人は簡単に人を好きになる。」「社内で好きな人を作るのが好きだな」と思っていました。
わざわざ社内で恋愛をしようとしているようにしか思えないくらい、そういう話が多いです。

最近、会社を立ち上げた時から働いている古株女性従業員JOYさんが、新しく入って来た新入社員が好きだといい始めました。
でも親子くらいの年の差です。だいたいJOYさんは結婚して子供もいるんです。
私はJOYさんに、常々思っていた疑問をぶつけてみました。
「なんで狭い社内で好きな人を作るの?わざわざ好きな人を見つけているように思うのだけど。そんなに簡単に人を好きになっちゃうの?」
JOYさんから返ってきた答えはこうです。
「だって、会社に好きな人がいると毎日仕事に来るのが楽しくなるでしょ。その人を見てどきどきしたり、やる気が沸くだけでいいのよ。」
なるほど、そういう理由なのですね。

だとしたら、狭い社内でわざわざ好きになる人を見つけるのも納得がいきます。
だけど、そんな軽い気持ちの割には、JOYさんは恋愛話にキャアキャア言って顔を赤くしていました。

そういう風に毎日の励みを求めて社内に憧れの人を作る人もいるでしょうが、そういう軽い気持ちの人だけではありません。

中には奥さん旦那さんがいるのに本気で社内恋愛をしてしまい、問題が起きてしまうこともあります。
このケースは、うまくいかない場合がほとんどです。結末は従業員どちらかが会社を去る形になるので、会社としてはありがたくないケースです。私がタイで働き始めてから、今までに何件かありました。

奥さんが旦那さんの会社での浮気を疑い、会社に偵察にやって来ることもあります。
本当に残業しているのか、土曜日出勤しているのかを確かめに来るのです。
そういった偵察の日に、残業も土曜日出勤もしてないということがあります。
旦那さんが働かずに家にいて、奥さんが働いている場合も同じです。
そういう場合は、旦那さんが残業や休日出勤を許してくれないというケースが多いです。
そう、全般的にタイ人は嫉妬深いのです。嫉妬が原因の殺人事件も絶えないようです。

もちろん、純粋に社内恋愛で結婚したカップルも3組ほどいます。
5年の間に3組ですから、かなりのペースではないでしょうか。
この狭い社内で純粋な恋愛や浮気や軽い憧れまで、タイの社内恋愛充満率はかなり高いですね。

タイの音楽を聴いてみよう。

live

私はタイ語を日本で勉強してからタイに来ました。。
私が住んでいた近くには、タイ語を教えてくれる学校があったので、週1回そこに通ってタイ語を身につけてからの渡タイです。
実はタイが好きではあったけど旅行程度でした。好きな国だからこそこ、少しでも言葉を覚えようと通っているうちにいつしかsタイで生活をしたくなりました。
学校以外でも勉強していましたが、楽しくタイ語に慣れるのには音楽を聴くのが一番ではないかと思います。

日本の歌もそうだと思いますが、タイでも歌の歌詞は歌仕様になっています。
例えば、日本の歌の多くは「君」という言葉を使いますが、実際には「君」なんて使うことって少ないです。
タイでも同じように「私、俺」「彼、彼女」「あなた」という言葉が普段話す時とはちょっと違う表現が使われます
ロマンチックな単語が多かったり、文法が歌仕様だったりしますが、とにかく耳をタイ語に慣れさせるのに歌を聴くのはもってこいです。

聞き取りやすい歌を選ぶなら、アイドルがいいかもしれません。
タイ人に人気のロックバンドなどを選んでしまうと、聞き取りづらいこと間違いなしです。
タイでCDを買っても、歌詞を書いた冊子は入っていません。
日本でも発売されているタイのCDであれば、歌詞や訳の冊子が入っていると思います。それだと高くつきますが、最初はそういったCDを買うのがいいと思います。
タイの歌はキャッチーな歌が多く、覚えやすい曲が多いのが特徴です。
一度メロディーと歌詞を覚えてしまったら、カラオケでも歌いたくなっちゃいます。
会社の新年会などで日本人がタイの曲を歌うと、みんな盛り上がってくれます。
1曲くらい、タイの持ち歌があるとかっこいいです。

どのアーティストのCDを買ったらいいか分からない、そんな人はタイフェスティバルに出かけてみてはいいと思います。
日本で毎年、タイフェスティバルというものが催されます。首都圏ならば代々木公園、その他大阪、名古屋、仙台などで開催されているようです。
タイ料理のお店が出店され、タイのCDを扱うお店も出ます。CDが多数揃うので、お店の人にお勧めを聞いてみてもいいです。
日本人がタイの雰囲気に触れられることはもちろんですが、タイ人も楽しみにしていることがあります。
それはタイ人アーティストによるコンサートです。
毎年いろいろなアーティストがタイフェスティバルに登場し、ステージを盛り上げてくれています。

タイではタイ人アーティストのコンサートも気軽に見れます。
タイの音楽に触れておけば、タイ現地で楽しめること間違いなしです。
あなたもタイの音楽を聴いて、お気に入りのアーティストを探してみませんか。

プレーンタイ(タイの歌)

タイの食事について

taiyaki

タイといったらタイ料理!
しかも屋台で食べるタイ料理は安くておいしいしいです。
いろいろなものが食べたいなと思った時には絶好の場所です。
旅行でタイに来る方は、そんなふうに食べることも楽しみにしていることだと思います。

しかし、生活をしている人にとっては、タイ料理は毎日食べられるものではありません。
好き嫌いや個人差があるかとは思いますが、やはりタイ料理は辛いです。そして、なにより油分が多いんです。

会社で日本に研修に行ったタイ人が、タイに帰って来た時にみんなそろって言っていたことがあります。
それは「日本の食事は油が少ないからパワーがでない」ということです。
確かに暑い南の国タイでは、日本よりも体力を消耗するかもしれません。
お茶も砂糖入りのものが多いため、買うときは注意して買う必要があります。
伊藤園の玄米茶が新しく発売された時、喜んで購入したものの、一口飲んで砂糖入りだと分かったときは「くっそー!」と思わず声が出でしまいました。

いくら暑くてカロリーが必要だと言っても、実際はタイ人の肥満率は毎年深刻になっているそうです。
政府からは「砂糖入りの飲料水は税金をかける」などのアイデアも出るほどです。
最近では、油の多いタイ料理のために油分を吸い取るお皿というのが開発されたそうです。

それでもたまに食べたくなるタイ料理。屋台でもフードコートでも手軽にお持ち帰りが出来るのが便利です。
タイのソムタムという青パパイヤのサラダは有名です。
青パパイヤには消化酵素が多く含まれており、ダイエット効果があると聞いたことがあります。
最近の私はそのダイエット効果を期待して、ソムタムを週三回くらい食べるようにしています。
いわばソムタムダイエットです。
バミーやクイッティアオを呼ばれる麺類もお持ち帰りできます。
麺とスープを別々の袋に入れてくれるので、麺がのびる心配もありません。

デザートのお持ち帰りというのは少ないですが、たまに見かけるのはチャオクワイの屋台。
見た目は黒いコーヒーゼリーですが、実は仙草から作られた漢方ゼリーです。
氷とこのゼリーを容器に入れ、黒砂糖のようなものをまぶして出してくれます。
歯ごたえもあっておいしい、暑いタイのひんやりデザートです。
そんな私の好きなタイのデザートはあまり屋台で見かけません。
中華街に行くと結構あるようですが、それ以外で見かけたことは一度だけです。
それは「ブアローイ・ナムキン」というデザートで、レストランには置いてあることもあります。
甘みのある温かい生姜湯に、ゴマの入った白玉を浮かべたものです。
ゴマ入り白玉もおいしいですが、生姜湯もおいしいので飲み干してしまいます。
一度かなり辛めの生姜湯にあたった時は、飲み干すことは断念したことがあります。
風邪をひいた時に食べたくなるデザートです。

ここ最近では屋台は規制されてしまい、バンコクでも屋台のある場所は少なくなってきています。
タイといったら屋台を連想する人も多いはずです。安くて便利な屋台、街から消えていくのは残念ですよね。

タイの雨季に起きた事件

thai06

タイには雨季という季節があります。だいたい6月から10月の5ヶ月間なので、かなり長いと言えるでしょう。
雨季も最初と最後では雨の降り方や時間帯が変わってきます。しかし、豪快に降ることは変わりません。
今年の雨季はちょっとした事件がありました。

タイの天気|日本気象協会 tenki.jp

私は4月に新しいコンドミニアムに引越しをしました。新築の低層コンドミニアムで、8階建ての最上階です。
ある日曜日、部屋でくつろいでいると雨が降り出しました。
窓の外で雨の音がするから気がついたのですが、なんだか寝室からも水の音がするんです。
なんだろうと思いのぞいてみると、天井から水が滝のように落ちてきていました。
雨漏りです。いや雨漏りなんてかわいい表現では間に合いません。
屋根の一部が機能を失っているという状態でした。
当然部屋の中は水浸し。まさかこんな事が起こるなんて、とてもびっくりしました。
屋根と天井の修繕が終わり、これで雨漏りはしないだろうと思ったある日のことです。
寝室の床が濡れています。
「天井は直したはずなのに・・・」と思っていると、なんと窓のサッシから水が浸入してきていたんです。
日本とは雨の量が違いますから、サッシのレールに溜まった水が室内に入り込んでしまうんです。
サッシの修繕もしてもらい、今は部屋に水が入ることもなくなりました。
それにしても床からなにから修繕しなくてはならなかったので大変でした。
私だけかと思って、スタッフに聞いてみたら、こういう雨漏りは、タイでは結構あるみたいです。

友人にふりかかった雨事件は、もっと衝撃的でした。
職場のとなりのコンドミニアムに引っ越すことが決まり、出勤前に荷物を少しずつ運びこんでいたある朝のことです。
前の晩からずっと、雨が止むことなく降り続いていた日でした。
友人が引っ越し先の部屋のドアを開けると、天井が下がっているというのです。
屋根から雨漏りしていたんです。壁紙ならぬ天井紙に水が溜まり、今にも落ちてきそうという状態です。
LINEで写真を送ってきたのですが、そレはまさにドリフといった写真でした。
急いで大家さんと管理人さんに部屋に来てもらうよう電話をかけました。
とりあえず待つしかない友人がドアを閉めた瞬間に張り詰めた天井紙が破れ部屋が水浸しになりました。
「ばっしゃーん」という感じだったことだと思います。

こんなことは滅多にないだろうと思っていたのですが、この雨季に私のまわりで2件ありました。
やはり寝室の屋根が落ちたのですが、その部屋は最上階ではないんです。
一体どういうことだったんでしょうか。今度詳しく聞いておきます。

被害が人災じゃなかったので今では笑い話になっていますが、思いもよらないタイの雨事件でした。

タイの雨季について

99

日本の梅雨と違い、タイの雨季の雨は豪快です。
バケツをひっくり返したような雨とはよく言ったものだなと、いつも思います。
「ドシャー」という表現がぴったりです。

雨季に入ると、友達との約束もあいまいになります。
「出るときに雨が降ってなければ」「雨で洪水しなければ」そんな理由ではっきりしないことがあります。
なぜなら一度、雨がドシャーと降ってしまうと、もう外には出れません。
傘なんてただのアクセサリーのようです。足元からびっしょりになります。
雨季の雨はスコールのようにすぐ止むわけではないので、待ち合わせに行けなくなることもしばしばあります。
幸い朝からどしゃ降りというのは滅多にないので、仕事に行けなかったということは今まで経験ありません。

雨が降ると、ところによっては洪水になる地域もあります。
私の家の近くの道路も雨のたびに冠水し、まるで川のようになってしまいます。
それでもタイ人は慣れっこなのか、底をチャポンチャポンいわせながら車でその川を通行します。見ているこちらは本当に大丈夫なのでしょうかと心配になります。
車で通行する以外の選択肢がないので、私も川を車で通行して通勤していました。しかし、何日か経った日に車内のフロアマットの下がびっしょり濡れているのを発見しました。
私が川を運転するときに基準にしているのは、他の車が通っているか通っていないかです。もしかしたらその基準自体が間違っているのかも知れません。
車のない人はバイクまたは徒歩で川を行くことになります。
私は徒歩での川通行は絶対にやりたくありません。
水の中には何がいるか分かりませんし、耐性のない日本人では足に傷があれば確実に膿んでしまうでしょう。
万が一に備えて、車の中には胴付き長靴を置いています。
この胴付き長靴は、2011年の洪水のときに日本から買ってきたものです。
あの時は、以前住んでいたアパートの周辺の道路が乗用車は通行できないほどの川になり、友達と遊びに出かける時はこの胴付き長靴を着て駅まで出かけたものです。
道路をばしゃばしゃ歩く人もいましたが、船で通行している人も見かけます。非日常な道路の風景です。
あの洪水の時は、川になった道路にワニがいたとか、そんなニュースも飛び交うこともあります。
あのような大規模な洪水が再び起こらないといいと願います。

普段の雨ではバンコクはそこまでの洪水にはなりませんが、冠水する道路が出るのはいつものことです。
今年は、地下の駐車場に水が入りこみ、停めてある車30台が水に浸かるというニュースがありました。
今、私の住むエリアでは洪水対策の道路工事をしています。
もう乾季に入ったので、その成果が見れるのは来年です。いい結果になることを祈るばかりです。

タイにあるレストラン

currry

タイには日本人が多いように、いろいろな国からタイに来ている人も多いです。
なのでバンコクには、世界各国のレストランが集まっています。
狭いバンコクなので必然的に激戦区になっています。そんななか、戦いに残ったレストランはやはりおいしく、バンコクではそういうおいしい世界の料理が楽しめます。

バンコクのレストラン情報ならバンめし!

日本食が恋しい時でも、バンコクにいれば困ることはないでしょう。タイの日本食ブームはまだまだ終わることを知りません。
もし中心部から離れたところにいたとしても、デパートに入れば必ずと言っていいほど日本食レストランがあります。
タイ人経営の日本食レストランは絶対ありますし、吉野家やCoCo壱などの日本のチェーン店が入っているデパートもあります。バンコクで一番多い海外のレストランは日本食レストランかもしれません。

スカイトレインのナナ駅周辺は、インド料理のレストランがたくさんあります。
インドカレーを食べたくなった時はこの辺りのレストランがいいと思います。
この辺りにはケバブのお店も多く、友人はナナのケバブを全部制覇すると言って片っ端から食べています。制覇できたのかどうか、まだ報告は受けていませんので、もう少し時間がかかると思います。
細い小路に入るとインドの雰囲気たっぷりの場所があります。レストランの店内も、もはやインドにいるような雰囲気です。
ただしラマダン中の昼間に行く場合、閉まっていることや、がらんとしていることがあるのでご注意してください。

私がお勧めしたいのはイタリアン。イタリア人が経営しているところも多く、日本より低価格で楽しめるのが魅了。
レストランの数も多いので、いろいろ行ってみたくなります。
タイ人に人気のイタリアンレストランの場合、パスタの茹で方を一言注文したほうがいいかもしれません。
タイ人はラーメンでもスパゲッティでも、柔らかくなった麺が好きです。
特に注文しなくもアルデンテなお店ばかりですが、今までに一軒だけすごく柔らかいパスタを出すレストランがありました。ソースは絶妙においしかっただけに、残念です。

スペイン料理でパエリアを楽しんだり、ちょっと特別な日にはフランス料理を食べに行ったり、スイス料理でチーズフォンデュを囲んだり、数は多くないですがバンコクではいろいろな国の料理が楽しめます。
タイに来たらタイ料理を食べたいかも知れませんが、世界のおいしい料理が集まっているバンコクでは、他国のレストランもお勧めしたいところです。

ランチはソムタムともち米、夜はビザとワインなんていうのも異国情緒があって楽しいかも知れません。美味しいものばかり食べてると体重が増えることは間違いなさそうです。