タイのバンコクに出来た高級デパート

私が今の仕事に転職する前はバンコクの中心部にほど近いチョンノンシー(Chong Nonsi)という所で働いていました。
その時は、週末になるとバンコクの中心部で遊ぶことが非常に多かったのですが、今では本当に少なくなりました。
きっかけは何といっても2年前に遡ります。それは会社を転職したからです。

タイ求人採用情報、就職・転職なら人材紹介会社キャリアリンク

初めの半年は、バンコク中心部での生活が長かったせいで、遊びに行くなら選択肢は決まって「バンコクの○○」や「バンコクの△△」など、バンコクしか知りませんした。
転職してからバンコクから離れた街に住むことになって、通勤だけでなく車での行動が増えるようなりました。それからは渋滞のひどいバンコクへ来るのを避けるようになり、バンコクへ来たとしてもオンヌット駅近くの友達の家へ行くくらいになりました。
そんなこともあって、バンコクの中心部の情報は、たまに日本から遊びに来てくれる大学時代の友人たちよりも疎い状態になっていました。

そんな折、先週、久しぶりにバンコク中心部へ行くことがありました。
3年前まで一緒にバンコクのチョンノンシーの会社で働いていたHちゃんが、結婚の報告を兼ねてタイに遊びに来てくれました。1週間という滞在期間のほとんどは私の家に泊まっていました。

しかし、Hちゃんがタイに来た理由には、結婚の報告だけでなく、3年前とは随分と変わったバンコクの街へ遊びに行きたいということもあったようで、週末の休みを利用して女二人でプチ贅沢&バンコクのチットロム駅近くにあるグランドハイアットホテルに1泊することにしました。
タイで就職し生活する私ですが6年にもなって初めてバンコクの中心部に泊まりました。前日の晩は旅行者になったかのようにバンコクのガイドブックを広げて「どこへ行こうか?」と二人で盛り上がり中々寝れませんでした。

いざバンコクの中心部にやってくると、そこは女子旅。オシャレには目がありません。
『何年ぶりだろう?』なんて思いながら、「3年前はなかったよね?」「いや、あった、あったよ。」なんて言いながら、ウィンドウショッピング。
歩くのも嫌になるくらい、足もクタクタになって来たところで、ホテルから目と鼻の先にあり、Hちゃんが一番来たかったというCentral Embassyというショッピングモールへ行きました。
このショッピングモールにはファッション好きな女の子だけでなく、ファッションに疎い人も知っているような高級ブティックがいっぱい入っています。本当にバンコクで一番高級なショッピングモールと言っても過言ではないと思われるくらいです。「エルメス」「グッチ」に「ジョンバルベイトス」など、私が知っているだけで買ったことがないブランド店がいっぱいです。ショパールの前では二人して、高級ジュエリーに見惚れてしまいました。
「散々、ウィンドウショッピングしたけど、ここのショッピングモールはウィンドウショッピング専門だね。」と笑いながら、お腹が空いたので「ここなら大丈夫だね。」と言いながらIPPUDOには入りました。