タイの病院事情

umi
日本と同様、タイにも健康保険があります。
プラカンサンコンと呼ばれるこの社会保険制度です。日本人でもタイで働いていれば加入していることでしょう。
指定病院であれば医療費が無料なのですが、この指定病院というのが日本人にとってはネックです。
指定病院となる病院はローカル系病院が多いので、いろいろな面でちょっと不安になります。
日本人や外国人の多くは、通訳のいるバンコクの私立病院に行く人が大半です。

タイの日本人が駆け込む病院リスト

バンコクには主要な言葉を話せる通訳を置いている私立病院がいくつかあります。
建物もきれいで、フリードリンクが置いてあったりピアノ演奏があったりという高級っぷりです。レストランやカフェも数件あり、まるでホテルのロビーのような雰囲気なのです。
そう、こういった私立病院は治療費も高く、タイでもハイソな人たちが利用する病院なのです。
私たちタイ国外から来ている人は、社会保険の他にもなにかしら医療保険に入っている人が多いのではないでしょうか。そういう保険に加入していれば、こういった私立病院でも当然サポートしてくれます。
私はこのような私立病院しか使ったことがないのですが、医療技術は進んでいるほうだと思います。
待ち時間も少なく、スムーズに診察や検査が出来ることが多いです。
しいて言えば、フリードリンクやピアノ演奏はいらないので、治療費をもう少し安くしてもらいたいということだけです。

病院に行ったら日本人受付がありますので、そこで受付を済ませます。日本語で応対してくれますので、何の心配もありません。
診察の際には時間に合わせて通訳が来てくれますから、安心して病院にかかれます。

私は以前、タイで入院したことがあります。
タイでも有名な高級病院だったのですが、それはもう快適な入院生活でした。
部屋は個室で、当時私の住んでいたアパートよりも広かったです。
テレピはもちろん、ソファーやテーブルもまるでコンドミニアムの一室のようでした。
毎日朝にはお掃除の人が来て、テーブルにバラを一輪飾ってくれていました。
病院内には数件のレストランやカフェ、フードコートが入っているので、お見舞いに来てくれる友人たちも食事に困りません。
私の病院食はと言えば、タイ、アジア風、洋食、和食などから選ぶことができました。食堂の定食をちょっと病院ぽくしたような、おいしい病院食でした。
お見舞いに来た友人達は決まって部屋の写真を取っていきました。それほど豪華な入院生活だったんです。
入院は二度としたくないですが、人生初めての入院は快適すぎた気がします。

万が一に備え、どこの病院が行きやすいか、具合の悪い時はどの病院にかかるか決めておくといいでしょう。
病院にかかることはないほうがいいですが、日本語でもかかれる病院があるのは安心ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です