タイの便利なインターネット環境

thai07
タイのレストランやカフェのWi-Fi環境は日本よりいいのではないかと思います。
どこのお店に入っても、無料Wi-Fiがあるのが当たり前です。むしろWi-Fiがないとお客さんが来ないのかも知れません。
日本でもコンビニやカフェでは無料Wi-Fiを提供しているところがあるようです。しかし、Eメールを登録したりしなくてはならないようです。
タイでは日本と違って面倒な手続きもなく、パスワードをもらって接続するだけです。家でのインターネット接続と同じです。
この環境に慣れている私は、日本に帰国したときちょっと恥ずかしい思いをしたことがあります。
とあるファストフード店に入った時に、Wi-Fiのプレートが張ってありました。
タイから持ってきたスマホでも使えると思い、カウンターで店員さんに問い合わせました。
「Wi-Fiのパスワードいただけますか。」
すると店員さんは質問の意味がよくわからないというような顔になったので、Wi-Fiに接続したいので接続に必要なパスワードが欲しいんです、と言い直しました。
店員さんはまだよく分からないような感じでしたが、ソフトバンクと契約していないと使えないんですよと教えてくれました。
なるほどそういうシステムだったのかと思う反面、なんだかまるでスマホ初心者みたいに思われているかと思うと恥ずかしかったですね。
せっかくお店に入っても、違う携帯電話会社と契約している場合はWi-Fiが使えないんですね、ちょっと不便ではないですか?
タイのデパートではそのシステムと同じです。デパートにより使える携帯電話会社が違いますが、エスカレーターなど目立つところにWi-Fiの案内があります。
デパートという広い範囲ではそんなに必要性も感じないので、デパートでこのサービスは使ったことがありません。

個々のお店ではそのお店の提供するWi-Fiが使えるをいうのが定着しているタイでは、家にインターネット環境がなくてもあまり困ることはありません。
近所のカフェにパソコンを持っていってパソコンを使うという人もいるでしょう。
ですがコーヒー1杯で長い時間居座る人が多く、あるカフェでは店内飲食の時間を制限するとかしないとか、そんな話も聞きました。
客寄せに使える反面、回転率は悪くなるのかも知れませんね。

一方、そんな便利なインターネットのスピードは、日本に比べるとかなり遅いです。しかも接続が途切れることもしばしば。
会社で使っているインターネット接続は、具合が悪いと何時間も使えなくなります。そうなると仕事が全然進みません。
最近やっとファイバーになったのですが、以前のADSLとスピードが変わらずです。
スピードに関してはまだまだですね。

それでも、SIMの入っていないスマホでもインターネット接続ができる場所がたくさんあるタイ。旅行者には嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です