タイの交通事情

zou
タイの渋滞は有名です。
「あの高速道路は夕方になると駐車場になる」と、あるタイ人が言っていました。
どこでどう詰まっているのか、全く進まないこともしばしばです。彼の言い方も納得できるほどの渋滞ぶりです。
金曜日になるとよりいっそう渋滞はひどくなり、毎月月末の給料日が金曜日にかかっている日はもう殺気を覚えるほどです。
いつもは40分の道のりが、3時間かかるなんて珍しいことではありません。
金曜日は車の中で楽しめるエンターテイメントが必要です。音楽もたくさん用意しておかないと、渋滞中に飽きてしまいます。
観光スポットを回る時も、タクシーに乗る時間と曜日は気をつけたほうがいいです。
行く方向の渋滞がひどい場合には、タクシーの運転手さんに乗車拒否されるかとは思います。

バンコク市内の移動であればスカイトレインや地下鉄を利用したほうが確実です。こちらも時間帯によってはかなり混雑します。
特に地下鉄の混雑はすごいです。平日夕方の帰宅ラッシュになると、利用者の多いスクムビット駅は駅構内に入る人数を規制することもあります。
改札の階に下りようと思っても、エスカレーター手前で止められてしまうので、切符を買うことすらできません。
最初はかなりムッとしました。こんな規制おかしすぎると。ですが、ある日裏技を見つけました。
反対側の改札にまわる通路があるので、そこを通って反対側に行きます。
スカイトレインと接続している側のエスカレーターだけが規制されるので、反対側にまわれば人も少なくスムーズに駅に入れます。
規制するわりに意外と適当なんです。
しかし、プラットホームに入れても、ここも人、人、人で混雑しています。
普通に並んでいては電車が来ても2、3本見送らないと乗れません。
ですが、ここは日本人魂を見せるところ。
電車が来るとみんな乗車し始めますが、詰めて乗るなんて事はしません。
ドア付近が混んでいるだけで、電車の内側はスッカスカです。
タイ人が乗れないと判断したところで、みんな乗車をやめますが、ドア付近にもまだ乗れるスペースがあるんです。
少しでもスペースが空いているなら、私は列の後ろからダーっと走って行って乗車してしまいます。
全然乗れるんです、余裕です。もっとひどい通勤ラッシュの国、日本人の意地です。

車も電車も大混雑のタイですが、スカイトレインが出来てまだ20年も経っていません。混雑対策はきっとこれからだと思います。
さらに駅近のデパートやコンドミニアム建設ラッシュです。車も電車も、渋滞は悪化するばかりです。
バンコクの渋滞問題を解決するには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です