タイのセールは在留日本人に大人気

syokki
多少の差はあっても一年じゅう暑いです。毎日が夏服のタイです。
そんなタイでもアパレルブランドは海外のものが多いので、冬には冬用の服が並びます。
それにあわせて季節ごとのセールがもちろんあり、タイ人の楽しみのひとつとなっています。
タイのセールはかなり豪快です。「店舗の商品まるごと半額」など購買意欲を掻き立てます。
セールの時期になると、週末の人気アパレルショップの店内やショッピングモールは人、人、人の満員御礼状態となります。
店舗まるごとセールの場合、出入り口は決まったところを残して締切りになることもあります。
服は山積み、スタッフがいくら整頓してももう追いつきません。
しかもセール中は試着室が使えなくなるので、店内でなんとかして試着するか、見た目で判断するしかありません。
そうそう、タイ人が服のウエストを測る時、スカートやパンツのウエスト部分を首に巻いて測るんです。その光景を見て、ちょっと面白いなと思いました。

タイ・バンコクのおすすめショッピングモール 10選

服のセールのほかに、日本人の間で人気のあるセールがあります。
ひとつは、ジムトンプソンのセールです。
タイで人気のシルク製品のブランドです。お土産に買っていく人も多いでしょう。
ハンカチやポーチなどの小物から、テーブルクロスやベッドリネン、アパレルも取り扱っています。
毎年2回あるこのセールはBITECというイベントホールで行われます。
私は行った事がないのですが、多くの日本人女性が買いに行くようです。
旅行がちょうどセールの時期にあたれば、いいお土産が安く手に入りそうですね。

もうひとつは、メラミン食器のセールです。
スーパーウェアというメーカーのファクトリーセールなのですが、場所はちょっと離れたところになります。
日本や海外のいろいろなブランドのメラミン食器を手がけているので、日本のあのブランドやあんなところで売っている食器がなんと80%OFFで買えてしまうのです。
日本人の駐在奥様達が集まるのは、riceというデンマークのブランドとgingerというタイのブランドのワゴンです。
独特の絵柄がカラフルでかわいいです。これらのブランドは日本のネットでも見かけるブランドです。
日本で買うとお値段もそこそこしますが、ここでは何十円から買えちゃいます。
ですがこのセール、B級品を売るセールなので、購入前の品質チェックが重要です。
色がはげていたり、プリントがずれていたり、大きな気泡があったりとB級品ならではの難ありな商品も多いです。
人気のブランドのワゴン前は、品質チェックに余念がない日本人の姿を容易に想像することができます。
こちらのセールも年に2回なのですが、ちょうど冬の一時帰国前にあるんです。
冬に一時帰国する日本人がお土産として買って帰るようです。
また小さい子供がいる家庭では、割れることのないメラミン食器は大活躍です。

どのセールもかなりの割引率で、お得にかわいいものを手に入れるチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です